シニア世代から見る仮想通貨は詐欺や犯罪!43兆円あるタンス預金が市場に入る可能性

仮想通貨を利用していなくて、今後も利用する気がないという人たち、”シニア世代”が、今後も仮想通貨を利用することはないということが意識調査でわかりました。

調査イメージ

 

仮想通貨に関する意識調査

 

リサーチコムの電話調査で、14日、「仮想通貨に関する意識調査」の結果を発表しました。

この意識調査は11日、全国1万5,005世帯のシニア世代を中心に実施したもので、379件の有効回答を集めました。

 

シニア

 

意識調査の内容としては、仮想通貨について、どの程度知っているのか?

結果、約90%(87.32%)のシニア世代の人たちが、「聞いたことがあるくらい」と回答した。

他、「まったく聞いたことがない」10%

「よく知っている」「購入方法も知っている」は、2.68%とわずかの結果でした。

 

仮想通貨のイメージについて

 

コインチェック社は去年2017年12月の取扱高が3兆8,537億円だったと発表しました

この仮想通貨の金額をシニア世代にどう思うのか質問してみました

シニア世代がイメージする仮想通貨への回答は以下の通りです

 

さる

 

1番多かった回答として、「詐欺や犯罪に巻き込まれそう」との回答が45.88%

「結局、お金を損してしまいそう」という回答も29.12%と多い結果となりました。

 

仮想通貨の今後について

 

そして、仮想通貨は今後どこまで広がると思うか?の問いに対して多い回答は、

「支払いはできるけど、一部のサービスにとどまる」37.27%

「ブームが終わればほとんど使われなくなる」37.01%

「法律や規制で強制的に使えなくなる」20.47%

他、「あらゆる支払いが仮想通貨で出来るようになる」5.25%

 

今後、仮想通貨を使ってみたいと思うのか?

 

さらに続けて、今後、仮想通貨を使ってみたいと思うかを聞いてみると、

「全く利用する気はない」との回答が87.34%にも上りました。

その逆に、「利用を検討したが躊躇している」9.76%

「これから利用したくて検討している」2.37%

 

まとめ

 

シニア世代から見た仮想通貨は詐欺や犯罪に結びつくイメージがあったり、預貯金がなくなってしまうリスクを気にしてるようです。

もしも43兆円ともいわれるタンス預金が仮想通貨市場にスッポリ入ったら…

「金持ち老後」「貧乏老後」の二極化が今よりもハッキリ分かれてしまいそうですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA