3つのキーワードで見る絶対知っておきたい「死ぬほど危険な仮想通貨」

 

仮想通貨は禁止薬物の購入や他の犯罪行為への資金調達に使用されていて人々の死につながるため「死にかかわるほど危険だ」と、指摘した人が居ます。

それは誰なのか?なぜ死にかかわるほど危険なのか?をクローズアップ!

 

死ぬほど危険イメージ

 

仮想通貨は危険?世界的大富豪の1人が発言

 

「死にかかわるほど危険だ」とコメントしたのは、世界的大富豪のビル・ゲイツ氏です。

アメリカのソーシャルニュースサイト「レディット」のフォーラムで以下のようにコメントしました。

仮想通貨の大きな特徴はその匿名性が多くのリスクを生み出すことだ

さらにビル・ゲイツ氏は続けてこんなコメントもしました。

死にかかわるほど危険なテクノロジー

 

なぜ仮想通貨は危険なのか?

 

・仮想通貨の匿名性が多くのリスクを生み出す

・死にかかわるほど危険なテクノロジー

この2つの発言に、ある3つのキーワードがふくまれていました。

それがビル・ゲイツ氏が指摘した仮想通貨への見方になります。

3つの重要なキーワードとは

 

ビル・ゲイツ氏のコメントで3つのキーワードがハッキリとわかります。

仮想通貨はマネーロンダリング、脱税、テロリストの資金調達に使用されている

と、指摘したのです。

マネーロンダリング、脱税、テロリスト

これら3つの犯罪行為の匿名性が犯罪者の逮捕を難しくしている

との見方をしています。麻薬の購入に仮想通貨が使われているということもコメントしました。

 

まとめ

 

マネーロンダリング、脱税、テロリストの3つはアメリカや他の海外にくらべて日本は危険性が低いかと思います。

ただ、「そんなことはない」「そうも言っていられない」という日々は案外わりと近くまでやってきているかもしれません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA