スパイかよ!ビットコインの送り主と受け取り主が特定できる人たち

ニュースサイト「The Intercept(インターセプト)」が20日、NSA(米国家安全保障局)が世界中のビットコインの送り主と受け取り主を特定できるということがわかったと伝えた。

 

丸分かりイメージ

 

 

The Intercept(インターセプト)と機密文書

 

NSA(米国家安全保障局)が世界中のビットコインの送り主と受け取り主を特定できるのがわかった。

これは、エドワード・スノーデン氏が公開した機密文書が元となっている。

報じたThe Intercept(インターセプト)は、2013年にエドワード・スノーデン氏がNSAの個人情報収集を暴露。

そのあと、グレン・グリーンウォルド氏とローラ・ポイトラス氏、ジェレミー・スケイヒル氏が”敵対的ジャーナリズム”を掲げて創立したインターネットメディア。

他の文書には、NSAは人気の匿名化ソフトに見せかけたプログラムを利用し、世界のインターネットトラフィックの生データ収集・分析・処理するシステムを開発することで、身元特定システムを実現したとされている。

 

ビットコインがターゲット

 

ビットコインがターゲット

 

NSA(米国家安全保障局)は、他の競合仮想通貨の監視に関心があったものの、ターゲットはビットコインが主要だった。

公開されたNSA(米国家安全保障局)の機密文書の中でモンキーポケットについて、2012年に開始したテロ対策を支援する非西側インターネット匿名化サービスといった説明がされている。

モンキーポケット…VPNに似たオークスターのサブプログラムで、ビットコインユーザーの特定に重要な役割を果たした。

 

 

大統領令のモンキーポケット

 

モンキー

 

モンキーポケットは大統領令で統制されています。(大統領令第12333号)

この大統領令第12333号は、アメリカ市民を取り調べる際、米諜報機関の権限を拡張することを定めたもの。

NSAは、モンキーポケットにおいて重要なのはテロに加担するターゲットを引き付けることと、NSAが利用できるようにアルカイダの通信保全のセキュリティを取り組むこと、と指摘。

↓  ↓  ↓  結果  ↓  ↓  ↓

・ビットコインユーザーのパスワードやブラウザー履歴

・使用機器のMACアドレス

などの様々なデータを大量に収集。

その収集された情報は、特定のビットコインウォレットのユーザーを判別するのに充分な結果となった。

 

 

ビットコインの前身リバティリザーブ

 

リバティリザーブイメージ

 

NSAは2013年3月にモンキーポケットを使った情報収集作戦を更新。

関心をもつビットコインとリバティリザーブがターゲットに。

リバティリザーブ…アーサー・バドフスキ氏が創業のコスタリカ拠点のデジタル通貨サービス会社。ビットコインの前身と考えられていて、アーサー・バドフスキ氏は60億ドルのマネロンに関わったとして逮捕、懲役20年の有罪判決となっている。The Intercept(インターセプト)によると犯罪目的で作られたとされている。

 

リバティリザーブ閉鎖から5ヵ月後、米・捜査当局は世界最大のダークウェブ上のマーケットプレイス「シルクロード」運営のロス・ウルブリヒト氏を逮捕。

シルクロード」での取引にビットコインが使用されていた。

ロス・ウルブリヒト氏はNSAが収集したものは法定証拠として認められるべきではない、と主張。(起訴では見解は退けられた。)

 

 

まとめ

 

政府機関の仮想通貨の監視とは何なのか?を考えさせられる。

仮想通貨の匿名性に価値を見出す人たちからすると、政府機関の監視はプラスに転ぶことはあるのだろうか。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA