金融庁がバイナンスに警告「無視したら刑事告発すっからな!」

仮想通貨大手取引所のBINANCE(バイナンス)。
そのBINANCE(バイナンス)に23日、金融庁が警告を発した。香港を本社とするBINANCE(バイナンス)に日本の金融庁が警告するというのはどういうことなのか?

 

警告のイメージ0323

 

なぜBINANCE(バイナンス)が警告された?

 

日本の居住者にインターネットを通じて、仮想通貨取引のサービスを行わせていること。

これは、他の取引所BittrexやPoloniexにしても同様の行為をしているが、アメリカが本社ということもあり、BINANCE(バイナンス)が発せられたとみられてます。

警告される前日の22日、BINANCE(バイナンス)CEO・Changpeng Zhao氏のツイートが

訳すと「日経のジャーナリズムはいい加減なもんだ、こっちは日本の金融庁と建設的なやり取り続けてる最中で金融庁がこっちに知らせる前に日本の新聞社に伝えるってことは考えがたい」といったニュアンス。

 

金融庁からの警告内容

 

警告イメージパターンその2

 

BINANCE(バイナンス)CEO・Changpeng Zhao氏の思惑?をよそに本日23日、日本の金融庁よりBINANCE(バイナンス)に対して警告が発せられた。

その警告の内容については

無登録で仮想通貨交換業を行う者の名称等いついて

と題されていて

掲載されている無登録業者は、警告書の発出を行った時点で資金決済に関する法律第63条の2の規定に違反し、無登録で仮想通貨交換業を行っていることが確認できた者です。

そのため、掲載されていない者であっても、無登録交換業に該当する行為を行っていることがあり得ますのでご注意ください。

 

などと「留意事項」として書かれており、”仮想通貨交換業の内容等”という項目には

インターネットを通じて、日本居住者を相手方として、仮想通貨交換業を行っていたもの

 

としっかりと記されている内容となってます。個人的にですが、とりわけ”金融庁の警告”という感じがあまりしないのは気のせいだろうか…

 

BINANCE(バイナンス)の今後は?

 

バイナンスの今後イメージ

 

今後の対応としては日本からのアクセスをBINANCE(バイナンス)が遮断するのかどうか?そういった点にかかってくるのかと。

ちなみに、金融庁からの警告が発せられてからのBINANCE(バイナンス)のCEO・Changpeng Zhao氏のツイートがこちら


こちら訳すと「「1時間前に日本の金融庁から通知受け取ったけど、こっちの弁護士がすぐに金融庁に連絡して解決策を見つけようとしてる。我々はユーザーの利益を守ることを最優先に考えている。」

さらにChangpeng Zhao氏はこのツイートから約30分後にまたツイートしている。

「ネガティブなニュースってのは長期的に見たらポジティブになりうるんだ。心配無用。」

といった内容で、BINANCE(バイナンス)はこれからどうしようかってところを弁護士入れて見つけていく流れになっているので今後の動きに注目したいところ。

 

まとめ

 

金融庁からの警告、とはいっても軽いジャブに思える…。もっとも、これで無視したらハイ刑事告発するよって流れだろうか。

なぜなら対応すれば他の海外拠点の取引所が同じように警告された際、そこで”バイナンスに右ならえ”になるのかどうかも気になる。

ひょっとしたら今頃BittrexやPoloniexあたりは戦々恐々なのかもしれない。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA