アトランタのハッキング事件 犯人の要求は530万超えの…

アメリカのジョージア州アトランタ市で、コンピューターがハッキングを受けて停止し、ハッカーから51,000ドル(約534万円)分のビットコインを要求されているという事件を米・フォーチューンが23日に伝えた。

 

ハッキング野郎参上

 

アトランタ市のコンピューターがハッキング

 

米・アトランタ市でコンピューターがハッキングを受けて停止

ハッカーから51,000ドル(約534万円)分のビットコインを要求されていることを米・フォーチューンが23日に伝えた。

アトランタのボトムズ市長は22日の記者会見でハッキング攻撃を公表

ハッキングの全容はまだできていないうちは個人情報や銀行口座の情報が流出してしまう可能性もある。我々全員が攻撃を受けている

とフォーチューンの記者に述べた。

このハッキングが発覚したのが、現地時間22日午前5時。

アトランタ市は、不法行為によって市民の料金支払いや裁判所関連情報へのアクセスができなくなった模様。

 

アトランタ市の注意喚起

 

 

↑アトランタ市の公式Twitterアカウントからつぶやかれたツイートで、これを訳すと

アトランタ市は、現在顧客が法案の支払いや裁判所関連の情報へのアクセスに使用するものなど、さまざまな顧客対応アプリケーションの停止になっています。

といった内容のツイートで、これに関して新しい情報が入り次第アナウンスする旨とのこと。

アトランタ市当局はFBIや国土安全保障省、マイクロソフトと協力して、攻撃の範囲の確認と問題の解決を行っていると報じられている。

アトランタ市民に向けて、ハッキングによる個人情報流出の可能性の有無を、自分の個人情報と銀行口座をモニタリングするように注意喚起したとのこと。

 

仮想通貨が要求されたハッキング事件は世界初?

 

ハッカーイメージがいこつ

 

この報道時点では状況は好転していないというか、解決されていない。

今回のハッキング事件はハッカーがシステムを人質に取って仮想通貨を要求するというケースは、初めてではない。

2017年11月には同じく米・カリフォルニア州サクラメント市の地域交通システムがハッキングされたことがあった。

犯人の要求は1BTC(8,000ドル/当時)の要求だった。

 

 

まとめ

 

こうした悪意的なビットコインを要求する事件はドイツで昨年おきた10億ユーロ要求されたケースも記憶に新しい。

今回のアトランタでの一件以外にもまだ報道にあがっていないだけで次々と似たような事件は起きているのかもしれないと思うと、各国ともセキュリティ面を最大限強固にしなければいけないわけだが、ハッカー完全消滅は難しい…

 

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA