【仮想通貨こんな事ありました】Zaifのフルコンボを振り返る

2018年2月22日から24日…実は仮想通貨界隈でとんでもない出来事が発生してました。
それは仮想通貨取引所のZaif内で起きた騒動。この騒動の引き金を引いたのは…そんなところから何が起きたのか?までをザッと。

 

口を両手で塞いでびっくりする欧米女性

 

 

Zaifで何が起きた?

 

2018年2月22日から24日、仮想通貨取引所のZaifで連続ロスカット、ビットコイン大暴落が起きてしまった。

 

原因(引き金となった?)は?

このZaifで起きてしまった騒動の引き金となってしまっているのがこちら。

 

Zaifと同じく仮想通貨取引所であるBitflyerが、SFDの見直しを行う発表をしたんですよね。

 

SFD…Swap For Difference

現物とFXの価格乖離が 10% 以上になった場合に、価格乖離が拡大する方向の約定をした投資家から約定金額に応じた SFDを徴収し、縮小する方向の約定をした投資家には SFD を付与するという制度。

SFDの付与率
①10%以上15%未満:0.5%
②15%以上20%未満:1.0%
③20%以上:3.0%

 

このSFDの見直し発表から、大混乱の幕開けに…。

 

こんなツイート出るくらいですからね。


当事者か当事者じゃないかでこの手のツイートに対する反応も違うとは思いながらも明確なのは”ただごとじゃない”ってこと。

損をした人たちが多数?

 

雰囲気のある難破船

 

このZaifの騒動でのツイートはほんとに結構な数あります。

 

「70万円を失った…」

 

「90万円失った…」


こうした声はほかにもいくつかあったんですよね。

 

一部ほかに訴訟系のことをツイートしている人たちも…。

 

そりゃそうですよね、気持ちわかります。程度によれば死活問題でしょうし。

 

 

仮想通貨そのものが危険?

 

仮想通貨のイメージ

 

 

仮想通貨取引はリスクが大きい。けれどもそれは仮想通貨取引を利用する人たちには周知のこと。

 

「仮想通貨ってよくわからないけど興味はあるんだよね」

「何からどうやって始めたらいいのかわからない」

 

この2つのタイプの層はかなり多いんじゃないかと。

 

なかには「仮想通貨は手を出すこと自体が危険」といった声もある…。

 

最低限の知識(自分の身をどう守るか、くらいの)というか、セキュリティとトータル面での余力、これに尽きるんじゃないかなと。

 

 

まとめ

 

BitflyerがSFDの見直し発表して、それで市場が反応して急激にBTC/JPYが下がって…

それでZaifのロスカット連鎖でZaifの薄い板が食われてしまってのZaifのみ大暴落。

さらにさらに、買いたくてもZaifがサーバーダウンで買い入れられず、加えて成り売りも禁止。

格ゲーでいったらちょっとしたフルコンボが重なった感じですね。

剥離に対する文句言ってどーすんの?見たいな声もネットではちらほら…

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA