仮想通貨のエアドロップとは?無料でコインがもらえる?詐欺もある?知らなきゃ危険?

 

仮想通貨において「エアドロップ」という言葉をよく耳にする機会は多いと思います。
そのエアドロップとは一体何なのか?
安全なの?危険なの?仮想通貨が無料でもらえるの?

 

エアドロップイメージ

 

エアドロップ(AirDrop)とは?

 

仮想通貨のエアドロップって一体何なのか?「無料で仮想通貨がもらえる」一般的にはこういった認識だと思います。

簡単に言うと仮想通貨のエアドロップは、希望した人に無料で仮想通貨を配布する行為のことになります。

その上で、基本的には損する人がいない。詐欺が存在しない、と言われています。

 

エアドロップは危険ではない?

 

水牛のようなモンスターと少女

 

上記の通り、基本的には詐欺が存在しないといわれていますが、リスクは0ではないとされています。

たとえば、KYC(個人情報)がそうです。

よく、仮想通貨のICOでKYCが必要になるケースもあります。

KYCは個人情報ということもあるので、そうした個人情報は高く売買されるネタとなっている場合もあるので気をつけなければいけません。

これは言われてみれば当然のことなのかもしれないです。

KYCは個人情報、つまり住所やパスポートなどが詐欺を行う連中からすると高く売買されている事実があるというのは、うなづけるのではないでしょうか。

 

どんなエアドロップが危険?

 

バイクのコーナリング

 

仮想通貨のエアドロップの危険性において、単純にKYC絡みのエアドロップは危険な可能性としてはあるんじゃないでしょうか。

危険性が0ではないと言ったほうが的確かもしれないです。

エアドロップの危険性

フィッシング詐欺

偽アカウント…ツイッターなどでの偽アカウント

偽サイト…ドメインが1文字違うなどの偽サイト

 

秘密鍵(ハッキング)

公式サイトが個人に対して秘密鍵の入力を求めることが考えられないので、秘密鍵を求められるケースがある場合は要注意だといえます。

 

ウイルス

ウォレットにウイルスが仕組まれていたりすることもあります。
ダウンロードする際は、公式ページをしっかり確認してからにしましょう。
おかしいな、怪しいなと感じるウォレットは検索するなりして詐欺や危険性がないか最低限のチェックを行うべきです。

 

 

まとめ

 

端的に言ってしまえばICOよりかは危険性は低い、少ないように思える仮想通貨のエアドロップ。

ですが、その危険性は0ではないということを念頭に入れておくことで、詐欺の被害に合う可能性は減ると言えます。

自身の資産は自身で守るのは仮想通貨も同じです。

仮想通貨のエアドロップ案件は、詐欺の可能性の有無をしっかりとチェックしてから行動取りましょう。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA