Coinhiveとは?Moneroをマイニング?全国で10人以上摘発?知らなきゃ危険?

 

Coinhiveと呼ばれるソフトウェアを利用したサイト閲覧者のCPUを使用することができる&マイニングを行うソフトウェアの利用をめぐって議論になったりしているようです。

それもそのはず、なぜならそのソフトウェア利用によって全国で16人が一斉摘発されているんですね…

Coinhive-1

Coinhiveとは?

 

Coinhive-2

 

件のCoinhiveとは一体何なのか?

Coinhiveの仕組み

Coinhiveの仕組み

サイト運営者がCoinhiveのスクリプトを自身のサイトやブログなどに設置

↓     ↓     ↓

サイト閲覧者は、そのサイトを閲覧している間にスクリプトを通して閲覧者のCPUを通し暗号通過をマイニング

↓     ↓     ↓

そのマイニングされたコインは、サイトオーナーへと自動的に支払われる

これがざっくりとCoinhiveの仕組みになります。

ちなみにCoinhiveによってマイニングされる暗号通貨はMonero(モネロ)になります。

MoneroはCPUでマイニング可能な通貨ということになりますね。

 

なぜ摘発?

 

では、なぜ摘発された人たちがいるのか?

結果的にいうと、不正指令電磁的記録 取得・保管罪になってしまうとのことです。

 

不正指令電磁的記録 取得・保管罪

不正指令電磁的記録に関する罪(ふせいしれいでんじてききろくにかんするつみ)は、コンピュータに不正な指令を与える電磁的記録の作成する行為等を内容とする犯罪(刑法168条の2及び168条の3)。2011年刑法改正で新設された犯罪類型である。

Wipipediaより

Coinhiveのサービスの特性的にというのか、ユーザーが知らないうちにマイニングを行うというケースがあるみたいですね。

そのため、ユーザーとしては同意なきままでPCを利用されているということで警察などへの相談が多くなっていた模様です。

 

Coinhiveは違法?

 

Coinhive-3

 

Coinhiveに関して、仮想通貨界隈ではさまざまな論争となっています。

合法か否か?

警視庁の見解しては、閲覧者に無断でマイニングツールを設置した場合、犯罪になる可能性があると示しているようです。

そうした一方で、一方で、正当性を主張している人たちも多いみたいです。

 

ネットの反応は?

 

Coinhive-4

 

Coinhiveの一連の件に関して、ネットの反応はというと…Twitterから話題に挙がっているものをいくつかピックアップしてみました。

 

 

…などなど、これらは一部ですが、さまざまな声が挙がっています。

 

まとめ

 

収益システム的に見ると、単純に注目を集めていたのにこんな形になってしまっていて勿体無い、というのが率直な思いです。

今後は良い方向に向かってくれるといいのですが…

摘発者が出てしまっているというのを払拭できる材料が出てくることを祈っています。

単純にアフィ広告に変わる新しいウェブサイトの収益手段と考えると、悪い印象や端的なところでCoinhive=危険で済ませるのはクエスチョンマークに感じてしまいます。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA