脱法ICOの話~分散型取引所(DEX)とは?中央集権型取引所は危険?

 

何やらツイッター界隈で、”脱法ICO”なるものが話題?になっているような。

脱法ICOとは一体どういうことなのか?

ほかには仮想通貨取引所のことについて少々。

 

2018-0628-1

脱法ICOって何なの?ソースは?

 

2018-0628-2

 

どうやら”脱法ICO”なるワードをたどって行くと、ある一人の人間の存在が浮上。

それは、億を稼ぐブロガーとして有名なイケハヤ氏でした。

これがソース?

このあたりがソースなんでしょうか。

それで微妙に拡散したんですかね。

このあたりで一気に拡散?したような印象を受けています。

氏ご本人も「こんなこと堂々と書いたら、金融庁に…」なんてブログ上でも書かれていましたが、悪いことをしているわけでもないですし、とは感じます。

やっぱり氏くらいの知名度があると、いろんな広がりを見せるってことですね。

ちなみに、氏のブログの中でも触れられていましたが「DEX」に関して。

ここは激しく感銘…いや、感銘というよりはDEXこと分散型取引所については以前から何かと気にはなっていました。

 

DEXとは?

 

2018-0628-3

さて、DEX。

DEXって一体何?という人たちのほうがまだまだ日本では多いんじゃないでしょうか?(そんなことないですかね汗)

まず、仮想通貨の取引所は2種類の取引所があります。

・中央集権型取引所

・分散型取引所(DEX)

この2種類です。

これはあくまで一般的にそう言われているというだけにすぎないことですが、中央集権型取引所のデメリットとしてハッキングされる可能性です。

そのハッキングされる可能性がないというわけではありませんが、ハッキングのリスクが低いと言われているのが分散型取引所(DEX)ということです。

ちなみに、中央集権型取引所はbitFlyerやコインチェックなど、おなじみの取引所ですね。

海外の中央集権型取引所だとbitrexなんかがそうなります。

簡単に、中央集権型取引所の仕組みを説明すると

・中央管理者に仮想通貨を預けて取引を行う
・秘密鍵の管理を取引所に委任しているため、内部不正が可能→秘密鍵を持つ中央管理者へのハッキングのリスクが生じる

つまり、自身の資産を取引所に一任しているって感じですね。

 

2018-0628-4

 

一方、分散型取引所(DEX)ってなんだ?って話ですが、”中央管理者の存在”その差です。

中央管理者が居なくても仮想通貨取引ができるわけです。

そして、中央管理者が存在していないということは…

・秘密鍵は自身にて管理しながら取引
→中央集権型取引所のようなハッキングのリスクとしては低くなる

ハッキングのリスクが低いというのは、ブロックチェーン上に存在しているから』ということなんですよね。

ちなみにイケハヤ氏もDEXの将来性的なところは触れていましたが、まったくもって同調したいです。

 

まとめ

 

有名税とは何も露骨に出ているタレントばかりではなく、ネット世界には特有の拡散があるのでヘタなことは自身のブログ・メディアには書けない、と感じている発信者は少なくないと思います。

発言には勿論モラルだとか何かと最低限気をつけるべきことはあるかと思いますが、今回のイケハヤ氏の脱法ICOに関する記事については正直微笑ましいなぁ、と。

ちなみにDEXの需要は今後かなり高くなってくるものだと思っています。

あくまで、中央集権取引所はDEXより完全に劣っている等ではなく。

リスクヘッジという観点で捉えると、やはり需要は今後もっともっと高くなるのはDEXなのではないかと…。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA