投資家じゃなくても読んでおきたいICO最新調査データと詐欺の見分け方

ICOやデジタルアセットのアドバイザリー企業の「Satis Group LLC」は仮想通貨取引所で取引されているトークンは「わずか8%」という直近の調査データを発表してます。
大多数が詐欺ということなのか…

 

%の雲

 

 

ICOの80%が詐欺?

 

「Satis Group LLC」が調査した結果、ICOの80%が詐欺で、「取引所で取引されてるトークンは、たった8%」という驚愕の調査結果を発表しました。

 

ちなみに「Satis Group LLC」におけるICOの定義は次のとおり。

「Satis Group LLC」におけるICOの定義
ホワイトペーパーから資金調達、オンライン取引まで、ICOの進行によって最低5000万米ドル(約53億円)の時価総額に達したもの

 

 

ICOの分類と格付け

 

ビリヤードの8の球

 

「Satis Group LLC」の発表によると、ICOは6つのグループに分類。

 

その6つとは

 

詐欺(scam)

 

失敗(failed)

 

行き詰まり(gonedead)

 

先細り(dwinding)

 

有望(promising)

 

成功(succesful)

 

以上の6種で、この分類にもとづいての調査結果が”ICOが発行された約81%が詐欺行為”と見えた様子。

 

続いて、失敗が6%

→資金調達には成功したが、全行程を完了せず放棄されたか、資金調達が不十分で投資家に払い戻しされた

 

行き詰まりが5%

→資金調達は成功したが、取引所で取引されず3ヵ月ごとに更新されるソースコード管理サービスのホスティングサイトのGithubにも登録されなかった

 

仮想通貨取引所で取引されるようになったICOトークンは実にたったの8%だけ…

 

10回のICO内、8回が詐欺なんだと思うとなかなか驚愕の調査結果ですねこれは…

 

各国でICOの評判がわりと全体的に宜しくないって理由の裏づけにもなるといのか、思わずすんなり納得してしまいそうな感じがあるのかなと。

 

詐欺行為の定義

 

 

手の平の上で浮かぶ石

 

調査における”詐欺行為の定義”がこちら

ICO投資の利用性を表明しながら、資金によるプロジェクト開発義務を果たさなかった

あるいは果たす意志がなかったプロジェクトおよびコミュニティーから詐欺行為であると見なされたすべてのプロジェクト

 

うーん…何だかちょっと広いというのかもっと細かなものかと思っていました。

 

ただ、ここでいうICO投資とは”出資アドレス付きでウェブサイト・パブリッシング、ANNスレッド、ソーシャルメディア投稿を通じて”という意味だそうです。

 

”プロジェクトおよびコミュニティー”というのは、メッセージボード、ウェブサイトあるいはその他オンライン情報を指します。

 

 

まとめ

 

正直もっと細分化された上での調査だとは思っていたのですが、決してあまくはない調査だということなのか、ちょっと納得してしまいます…。

まあでもほんと甘くはないんでしょうかね。

「有望」と「成功の」線引きというか境目が微妙にも感じますけど誰の目から見ても「成功」というICOは4%みたいですよ…

投資家や投資家でなくとも。ICO案件ってやつは注意深い目でかからないとです。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA