「REGAIN」ICOステージ2が5月15日までで報酬が高い?知らなきゃ危険?

ICOは単純に8割が詐欺の可能性があるといわれてますが、実際のところはそうした詐欺(Scam)かどうか?それは上場してプロジェクトが走り出す等までわからないところがあります。
そんな中、「REGAIN」のICOとはどんな感じなのか?

 

赤い番傘を持つ女性の後姿

 

REGAINって?

 

REGAINは2015年7月に設立されてからこれまで、私たちにしかできない技術でマイニングマシン業界の問題を解決してきました。そしてこれからもビットコインと共に新しい歴史を刻んでいきます。

 

REGAIN
『ユーザー主導のビットコイン市場を取り戻し、ビットコイン市場の安定』の実現を目的としたプロジェクト。

 

プロジェクトの目的のためにREGトークンを発行。クラウドファンディングモデルを活用してICOで資金調達って感じのようです。

 

ICOトークンを保有することでビットコインのマイニングで得た報酬を分配する権利を買う、そんなプロジェクト内容ですね。

 

REGAINのICO

 

クエスチョンマークの扉

 

REGAINのホワイトペーパーによると以下の通り。

ICOクラウドセール詳細

シンボル:REG

発行上限:65,000REG

資金の配分:ICOで100%発行され、ICO終了後すべての未割り当てのREGトークンは焼却します。必要以上の資金募集なし。

REGトークン:REGトークンとは、当社が受け取るマイニング利益の60%を得られる権利。スマートコントラクトによって確実に自動支払いされる。

マイニング利益の配分
┗60%…REGトークン所有者
┗6%…ハードウェア開発費・ハードウェアエンジニアのアサイン
┗8%…ソフトウェア開発費・ソフトウェアエンジニアのアサイン
┗6%…最先端R&D費
┗20%…ITのセキュリティとコンプライアンス・ライセンス規制・アウトソーシング費用・会社運営

ICOに関していえば、最初のステージ1で22億円超えの資金調達に成功したようです。

 

 

ICOステージ2

 

REGAINのICO

 

4月19日現在REGAINのICOステージ2の最中になります。

 

このステージ2の期日は5月15日までになっています。すでに結構な金額が集まっているようです。

 

ICO参加方法

 

REGAINのICO参加方法としては、公式サイトによるとこんな感じになってます。

REGAINのICO参加方法

 

ちなみに、メールアドレスを入力して登録ボタンを押すと

REGAINのICO参加方法2

こういう画面に切り替わりました。これで仮登録が完了した状態みたいですね。

 

入力したメールアドレス宛に実際にメールが届いてたので中身を確認すると、以下のとおりです。

・本登録用ページへのURLが記載されてる

・REGAINのサイトURLとメールアドレスが記載されてる

・メールの最後に、メール内容を無断転載・引用・公開・配布等を一切禁止の旨が書かれている。

 

ちなみに本登録は氏名、生年月日、パスワードの入力で本登録へという流れになっています。

 

まとめ

 

このREGAINのICOステージ2は初日終了時点で6億円超えは集まったとのことです。

一概に怪しいとも大丈夫そうだともどちらも言い切れないですが、ICO参加登録はメールアドレスの入力だけではすぐに登録はされない(仮登録)ので、そういったところで実際に仮登録完了のメールを受け取ってみて判断するでも出来ると思います。

REGAINのICOに関して、「セール期間が長い」「配当が高く感じるので大丈夫なのか?」などの声がネット上では挙がっていますね。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA