仮想通貨スピンドルの会社が8月15日で日本から撤退?資金決済法違反の疑い指摘が理由?

 

仮想通貨スピンドル、と聞いて真っ先に浮かんでくるのはアノ人ではないでしょうか…?

スピンドルの通り名というのか、通称として言われている「ガ○トコイン」といえばもう誰を指すのかピンと来ますね。

氏が広告塔となっている仮想通貨スピンドルが、日本撤退とのこと。

果たして理由は?

撤退したらどうなるのでしょうか?

 

SPINDLE-1

 

仮想通貨スピンドル

仮想通貨SPINDLE/SPD(スピンドル)とは、ブロックチェーンとスマートコントラクト技術による透明性の高い改ざん不可能な投資運用プラットフォームのICOプロジェクトです。

端的に、投資や資産運用においての不透明性解決のためのプロジェクトという見方ができます。

当初からミュージシャンであるガ○ト氏が広告塔となってプロモーションしてきたスピンドルですが、中には眉唾な声も少なくはなかったようです。

単純に大丈夫なの?とかスキャム的な目を向けられたり。

投資や運用の漠然とした不安を取り除くためのICOプロジェクトなのに、マイナス要因となるような見方をされてしまったらこれは本末転倒な感じにもなってしまいます。

スピンドルの会社が日本から撤退?

さまざまなネガティブな声だったり不安だったりを払拭するその方法に注目してきましたが、そんなスピンドルの会社が日本から撤退するという話が出ています。

当事者じゃない限り、「そうなんだね」で一件を横目で見られる人たちもいると思いますが、「そうなんだね」の一言だけでは済まされない人たちも中にはいるのでは?

広告塔となっているガクト氏の影響力を考えるとまず小さなものではないように思えます。

件のスピンドルの企画・販売を行う会社ですが、どうやら日本撤退という話が出ているのは以下の理由からでは?とされています。

金融庁からの指摘

 

SPINDLE-2

 

スピンドルの企画・販売を行う会社は、金融庁から資金決済法違反の疑いを指摘されたというのです。

5月に国外複数の取引所で上場したスピンドルは大暴落し、8月19日現在0.3円台まで下落しています(プレセール時は30円だった)

 

同社サイト上で、8月9日付けで「報道機関よりいただきました質問状に対する回答」としてアナウンスされていますが、なかなか生々しい内容になっています。

同日付けで「BLACKSTAR&CO. 本社移転ならびに日本オフィス閉鎖のお知らせ」として、今件のアナウンスもされています。

 

ネットでの反応

今件に関してネットなどの反応はというと…

SPINDLE-3 SPINDLE-4

 

さまざまな意見・声が飛び交っていますね。

もっと生々しい感じのもあったりするので、気になる方はツイッターなどチェックしてもらえると・・・

 

まとめ

 

この件に関してはどこからのどういった立場に立って、どんな視点で書けばいいのか少し悩みました。

『立つ鳥跡を濁さず』という言葉がこの件を目にしたときに最初に感じた印象でした。

もはやICOの95%が詐欺、特に芸能人が絡むものはより危険度も高い、といったような声もあがってますが、行き着くところ最後は自分自身だということもまた然りです。

自分の身は自分で守る、とは幸か不幸かよく言ったものです。

そして、色々な人たちが関係してくるモノというのは、それだけ色々なところへの波及効果があります。

今後は蓋を開けたらいろんなことが明るみになる、という展開なのか?

それとも違った展開を見せるのか?

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA